JavaScriptを有効にしてください。

アイデア次第で再活用。たくさんの古道具を引き取っていただきました

箕澤屋のこと

いやー、だいぶすっきり!

先月書いた「箕輪町の古民家にある古い道具はいりませんか?」という記事で、ご連絡いただいた方々に来ていただき、古道具で溢れていた小屋をかなーり整理することができました。

近隣のいろんな方々に来ていただきました

細々と書いているブログでの掲載なので、あまり期待せずに書いた古道具の記事でしたが、ほんとみなさん優しいですね。

たくさんのシェアやリツイートをしていただき、かなり多くの方に記事を見ていただくことができました。

その中から、興味をもっていただいた近隣の方々。

箕輪町はもちろん、伊那や高遠、宮田村などから来ていただき、そのままだと燃やす予定だった古道具たちを、引き取っていただきました。

おかげさまで、小屋はだいぶ整理ができ、これでようやく母屋のモノを移動させることができそうです。

引き取っていただいた古道具たち

眠っていた古道具たちの新たな旅立ちを記念に、引き取っていただく際に撮影させていただきました。

皆さん、楽しそうに物色していて、私が気づかなかったものまで次々と発見しておりました^^

古い鍋や持ち手付きの箱類

箱はいろいろ使い道がありそうだし、この右の鍋なんかも、グリーンと白の琺瑯鍋でかわいいです。

大きな木板

かなり大きく重い板。

我々では扱いきれないけれど、木自体はしっかりしているようで、家具作りの材料になりそうとのこと。

どんな家具ができあがるのか、楽しみです。

大きめバスケットやこたつやぐら、火鉢、樽など

こちらは農業をされている方が、いろいろ使えそうとのことで、引き取っていただきました。

あれもこれも、直せば使えそうだね、と頼もしい限りです。

歯車や籠など、大物をいろいろ

そして、こちらはまたすごい。

水車の歯車や樽、木の棒など、かなりいろいろ運び出し、軽トラいっぱいです。

よしずもこんなにたくさん。

こんなにたくさん何に使うかと尋ねると、農家をしながら農村JACKというリアル農村RPGをテーマにした活動をされているそうで、その武器や基地の道具として使うとのこと。

近くにも、おもしろい活動してる人たちがいるんだなーと嬉しくなってしまいました。

何でもアイデア次第、視点も価値もいろいろ

今回、農家や家具職人、綿づくりをしている方、これから古民家に引っ越す方など、いろんな人に来ていただきました。

いろいろ話していると、

「昔使っていた糸紡ぎ用の道具だよ」

とか

「これも昔こういう風に使っていたものだねー」

とか、逆に教えていただき、私もいろいろ発見でした。

さらに、おもしろかったのが、来る方来る方によって、視点が違っていること

さっきの方が全く見向きもしなかったものに、次の方が、「これは使えるー!」と興奮していたり。

私にはどう使えるか想像がつかないものが、

「こうすれば使えるね」

とすっかりイメージがついていたり。

もったいない症の私には、やっぱり、ほぼ価値がなかったものが、捨てられるのではなく、活かされるというのは嬉しいです。

こんな風に、旅立っていった古道具たち。

今後、それぞれどんな使い方をされていくのかが楽しみです。

引き取っていただいた皆さま、もしよければ、古道具のアフターの様子、楽しみにしております^^

お籠もすっぽりと入りました

皆さんのおかげですっかり整理された水車小屋。

土間で一旦の置き場を失っていたお籠も、すっぽり収まりました。

もちろん、このお籠、見れるようにキレイにして活用予定です。

が、その前に一旦移動をさせて、諸々の整理がついたら後日復活させたいと思っています。

ここから更に母屋の整理が続きます。

次回は、土間の整理をレポートしていきます!

Share this:
このカテゴリの他の記事
もったいなさすぎる。でも、解体するしかない崩れかけた土蔵。
もったいなさすぎる。でも、解体するしかない崩れかけた土蔵。
古民家 箕澤屋の屋内を360度、Googleストリートビューで見る
古民家 箕澤屋の屋内を360度、Googleストリートビューで見る
実は、重要文化財レベルの本格的な古民家です。箕澤屋の見所というか、ポイントを少し紹介。
実は、重要文化財レベルの本格的な古民家です。箕澤屋の見所というか、ポイントを少し紹介。
Information

2017年のカフェ営業・イベント共に終了いたしました。7月〜の短い期間でしたが、本当にありがとうございました!
来年は、5月頃の再開を目指しています。箕澤屋でまたお会いできるのを楽しみにしております。

Event Space
5月〜10月の間、箕澤屋はレンタルスペースとして貸し出しております。2017年は受付終了いたしました。来年の情報は決まり次第こちらでお知らせします。
→2017年の情報はこちら
About
箕澤屋の管理人Ayaoです。あるきっかけから築150年古民家「箕澤屋」に関わることになりました。生活の半分を箕澤屋拠点にして、箕澤屋のこと、周辺のこと、ときにはそれ以外のことなどを書いています。詳しくはこちら
管理人の個人的なことなどは、Twitter @Ayao3308でもときどきつぶやいています。
Follow me

Instagram