JavaScriptを有効にしてください。

手づくりジャムやフルーツを使った料理が好きな方、ネクタリンお譲りします(長野県箕輪町)

フルーツ 食べ物のこと

こんにちは!

先週の土曜日オープンでは、たくさんの方々にお越しいただきまして、本当にありがとうございましたm(_ _)m 次回は、7月15日(土)12:00〜16:00です。

話は代わりまして、少し告知というか、声かけをさせていただきます。

このままだと捨てるだけ。もったいない大量のネクタリン、入りませんか?

このブログでも少し書いているのですが、家主の父はフルーツ農園を運営しています。

6月〜11月頃にかけて、さまざまな種類のフルーツを育てていて、梅や杏に始まり、桃や梨、プルーンやりんごと、少ないものだと1品種1本〜と数は多くないけど、種類は多いからなかなか効率化しにくい、という経営としては良いとは言えない、でも見ている分には楽しい、そんなフルーツ農園です。

そして、今まさにフルーツ収穫が始まったところにぶち当たったもったいないフルーツ。

これは、「ストレンジ」という名前のネクタリン

この木、父の農園には1本しかないのに、今年は天候に恵まれたのか、見事といえるほど大量に!

本当であれば、これを生フルーツとして販売できればよいのですが、何とも「ストレンジ」というだけあってなのか、味が物足りない…。

もちろん、生で食べてもまぁおいしいけど、なんだか甘みも酸味も足りなくて、絶品!とは言えない味。

やっぱり販売するなら、ちゃんとおいしいフルーツを食べてもらいたいので、このネクタリンは毎回、ジャムやシロップ漬けなどの加工へとまわります。

今年も、そんなつもりでいたのですが、あまりにも大量すぎて、家族や知人だけでは処理できない量…。

私もここまで処理できる時間はないため、少しでも可能性があれば、とここで声をかけさせていただきます。

ジャムやジュース、フルーツソース、お肉料理などに混ぜてもおいしいです

さて、どんな味か。

一口かじると、こんな色。

うーん、お腹がすいているときに、何も事前に食べていない状態で食べれば、なかなかいけるかも。

ただ、他のおいしいフルーツと比べると、生食だとやはり負けてしまいます。。

一般的によく食べるネクタリンほど強い酸味ではなく、桃みたいに甘くはない。

ほんのり甘くて、弱い酸味。

果肉は、少し堅めで黄色〜オレンジ色。

この微妙な味、なかなかうまく説明できないのですが、ちょっとストレンジなのです。

ただ、このネクタリンを素材に、加工してジャムやソースにするとなかなかおいしい!

ジャム好きな方なら、人によってはハマるくらいな味になると思います。

手づくりジャムや、フルーツを使った料理が好きな方、ぜひうまくこの素材を使って、絶品料理を作っていただければ、私としてもうれしいです。

ご希望の方、お早めにご連絡ください

このネクタリン、本日7月10日に収穫して、箕澤屋でしばらくは常温保管しています。

冷凍保存できればよいのですが、そんなスペースもないため、腐るまで常温で置いておくことになります。

ご存知のとおり、生のフルーツ、特に30度を超えるこの時期なので、腐りはどんどん進みます。

早ければ、1日で腐ってくるものもあるほど、進みは早いです。

そのため、もしもらってくださる方がいらっしゃったら、お早めにとりに来ていただければと幸いです。

ご連絡はFacebook、このブログの問い合わせ等でいただければ、個別にお返事させていただきます。

なお、郵送は対応しておりませんので、取りに来ていただける方のみとなります。申し訳ありません。

もったいない症の箕澤屋家主からのお声がけでしたm(__)m

Share this:
このカテゴリの他の記事
桃、ネクタリン、洋梨と多品種。自家栽培フルーツ、勢揃いです。
桃、ネクタリン、洋梨と多品種。自家栽培フルーツ、勢揃いです。
ワッサーという果物、知っていますか?桃とは違います。長野生まれのフルーツ
ワッサーという果物、知っていますか?桃とは違います。長野生まれのフルーツ
長野伊那の古民家カフェで味わうかき氷 〜 果肉たっぷり、旬のフルーツシロップがおすすめです
長野伊那の古民家カフェで味わうかき氷 〜 果肉たっぷり、旬のフルーツシロップがおすすめです
Information

2017年のカフェ営業・イベント共に終了いたしました。7月〜の短い期間でしたが、本当にありがとうございました!
来年は、5月頃の再開を目指しています。箕澤屋でまたお会いできるのを楽しみにしております。

Event Space
5月〜10月の間、箕澤屋はレンタルスペースとして貸し出しております。2017年は受付終了いたしました。来年の情報は決まり次第こちらでお知らせします。
→2017年の情報はこちら
About
箕澤屋の管理人Ayaoです。あるきっかけから築150年古民家「箕澤屋」に関わることになりました。生活の半分を箕澤屋拠点にして、箕澤屋のこと、周辺のこと、ときにはそれ以外のことなどを書いています。詳しくはこちら
管理人の個人的なことなどは、Twitter @Ayao3308でもときどきつぶやいています。
Follow me

Instagram