JavaScriptを有効にしてください。

7月22日(土)のプチえんがわ市では、旬のネクタリン販売します!

フルーツ 日々のこと


またまた一週間が経ってしまいました!
ということで、7月22日(土)は箕澤屋オープンの日!
今回のプチえんがわ市では、いつもの天然酵母パンのハルハナ堂さんに加え、急遽、自家農園のネクタリンを販売できることになりました^^

生でおいしいよ!信州生まれのネクタリン「サマークリスタル」

今回並ぶフルーツは、「サマークリスタル」という品種のネクタリン。
前回、引き取り手を募ったネクタリン「ストレンジ」からうって変わって、次のネクタリンは優秀です。

信州生まれのこのネクタリン、2005年に品種登録されたもので、まだまだ出回っている量も少ない品種。

我が農園では、2本の木がちょうど収穫を迎え、今回のオープン時限定で販売できることになりました!

木の上で完熟したネクタリン、甘みと酸味がたっぷりのっておいしいです

そのお味はというと、一般的にイメージする酸味の強いネクタリンとは違い、酸味が少なくて甘い!例えていうなら、桃に近い味。

前回のストレンジは加工用だとすると、今回のサマークリスタルは生食用!

もちろん、ジャムやソースにしてもおいしいけど、この味はぜひ生で食べていただきたいです。

皮はツルツル系で、木の上で完熟させているので、そのままガブリといけちゃいます。

7月22日(土)販売分は、前日または当日に収穫して運んでくるので、販売時には果肉は若干堅め。

柔らかい果肉が好きな方は、1日〜2日、腐らない程度に常温で置いていただくと、柔らかい触感になります。

これからの季節、旬のフルーツをお楽しみに!箕澤屋でお待ちしています

大きい手のひらサイズから小さめまで、自然のものなので、サイズはばらつきありです。

価格は、袋詰めで300〜500円。

今回は、ネクタリンのみになりますが、これからのシーズン、タイミングがあえば、いろいろ出てくるかも!?

ただし、フルーツは本当にタイミングです。
天候が1日変わるだけで、熟すタイミングも大きく変わります。

そして、当自家農園の果物は、量も多くありません。

販売前日には、ブログやSNSではお知らせ予定ですが、売っているのを見つけたらチャンス!

フルーツ好きの方はぜひチェックしてみてください^^

Share this:
このカテゴリの他の記事
古民家の裏庭に作られたスズメバチの巣を駆除してもらったはなし
古民家の裏庭に作られたスズメバチの巣を駆除してもらったはなし
11月〜4月くらいまでお休みします。冬季休業中に何をしているか。
11月〜4月くらいまでお休みします。冬季休業中に何をしているか。
囲炉裏を囲んで営業終了。温かい人たちに支えられ、今後のことを考える。
囲炉裏を囲んで営業終了。温かい人たちに支えられ、今後のことを考える。
Information

2017年のカフェ営業・イベント共に終了いたしました。7月〜の短い期間でしたが、本当にありがとうございました!
来年は、5月頃の再開を目指しています。箕澤屋でまたお会いできるのを楽しみにしております。

Event Space
5月〜10月の間、箕澤屋はレンタルスペースとして貸し出しております。2017年は受付終了いたしました。来年の情報は決まり次第こちらでお知らせします。
→2017年の情報はこちら
About
箕澤屋の管理人Ayaoです。あるきっかけから築150年古民家「箕澤屋」に関わることになりました。生活の半分を箕澤屋拠点にして、箕澤屋のこと、周辺のこと、ときにはそれ以外のことなどを書いています。詳しくはこちら
管理人の個人的なことなどは、Twitter @Ayao3308でもときどきつぶやいています。
Follow me

Instagram