JavaScriptを有効にしてください。

4月30日に箕輪町のマルシェ「いいこといち」に出店します

,
お知らせ

まもなく4月です。

東京もお花見シーズンに入り、長野も一足遅れて、開花が近づいています。

そんな気持ちいい季節に開催される箕輪町のマルシェ「いいこといち」に、箕澤屋が出店することになりました!

「いいこといち」は、昨年から始まった箕輪町のマルシェで、地元の生産者さんや飲食店、アーティストの方など、箕輪町のいいことがたくさん集まったイベントです。

場所は、みのわ天竜公園

水の流れる広々としたステキな公園で、ちょっとしたお出かけにも気持ちいい場所。

当日は、カフェもオープンするそうなので、散歩がてら寄るのもよさそうです♪

 

当日は、あんずジャムを販売します

今回、主催の方にお誘いいただき、地域の方とお話するよい機会ということで、ありがたく参加させていただくことにしました。

まだまだ活動が始まったばかりの箕澤屋で、何を販売するの!?という感じですが、実は、箕澤屋として、細々と販売している商品があります。

それが、あんずジャムです。

リノベーションの記事でも書いたのですが、家族がフルーツ農園をやっておりまして、それを商品にするために、加工場オープンの準備をしていたんですね。

その第一作が、このあんずジャム。

現在は、東京で開催されているファーマーズマーケット「ママンカ市場」とオンラインショップでのみ、販売しています。

そんな中、出店の機会をいただいたので、この機会をお借りして販売させていただきます!

せっかくなので、あんずジャムの紹介を少し。

長野県松本市の完熟あんず100%使った無添加あんずジャム

あんず自体は箕輪町ではなく、松本市です。(地元でなくて、すみません。)

ただ、味は抜群。

生食でおいしい「ニコニコット」「おひさまコット」「信州サワー」の3種類の完熟あんずを贅沢に使っています。

やっぱり素材は生かしたい。

そこで、あんずはカットせずにそのまま煮詰め、グラニュー糖だけを使って果肉たっぷりに仕上げてます。

糖度45度と甘さ控えめ。口に入れると、あんずのしっかりとした酸味!

もしかしたら、甘いのが好きな方には酸っぱく感じるかもしれません。

 

 

ここで告白します。

ジャムを作っておきながら言うのもなんですが、私、甘いものがあまり得意ではありません。

そう、どっちかというとお酒好き。

となると、塩辛いものに手が出てしまうんですね。

なので、普段はあまり甘いものを食べないのです。

が!このクラッカーの上にクリームチーズ&あんずジャムをのせた食べ方。これはお酒のときに、とっても合うんですね。

普段は甘いものが出ない我が家ですが、これだけは定番つまみになっています。

ということで、普段はジャムなんか食べない!という方にもおすすめしたいなーと。

 

いいこといちでお待ちしています

というわけで、当日は箕澤屋家主が店頭に立っている予定です。

ジャムには興味なくても、ブログ見たよ、とか、箕澤屋に興味ある、とか、何でもいいです。
もし見かけたらお気軽にお声がけいただければと思いますm(_ _)m

あとは、天気が晴れることを祈ります!

 


イベント情報:
いいこといち Webサイト
いいこといち Facebookページ

開催日:2017年4月30日(日) 雨天中止
時間:午前8時~正午まで
場所:みのわ天竜公園 長野県箕輪町大字中箕輪8653

Share this:

他の記事

南信州、伊那谷エリアってどんなところ?(ほぼ管理人の独自視点)
南信州、伊那谷エリアってどんなところ?(ほぼ管理人の独自視点)
ビストロなゆた 〜 移築した古民家空間が魅力的な箕輪町のフレンチレストラン
ビストロなゆた 〜 移築した古民家空間が魅力的な箕輪町のフレンチレストラン
ナチュラルセンス 〜 ハーブの魅力たっぷり。20〜30種類のハーブを育てるハーブ専門農家さん
ナチュラルセンス 〜 ハーブの魅力たっぷり。20〜30種類のハーブを育てるハーブ専門農家さん
Event Info
Event Space
5月〜10月の間、箕澤屋はレンタルスペースとして貸し出しております。演奏会やパーティー、講演会などにどうぞ。
→詳しくはこちら
About
箕澤屋の管理人Ayanaです。2016年からこの古民家箕澤屋に関わることになりました。この魅力的な家を残すために活動中。イベント企画や運営、ブログ担当。夏だけカフェ店主。フルーツ農園の娘。
ブログでは、箕澤屋を中心に、古民家、伊那谷、フルーツのことなどを書いています。詳しくはこちら
Twitter@AyaosEatsでもときどきつぶやいています。

Instagram