JavaScriptを有効にしてください。

ハルハナ堂 〜 アイデア満載のパンがたくさん!国産小麦と天然酵母を使った箕輪町のパン屋さん

伊那谷の人々 周りのこと

8月6日のえんがわ市出店者の紹介、第二弾です!
もうこのブログを見ていただいている方にはお馴染みですが、天然酵母パンのハルハナ堂さんです。

国産小麦と天然酵母を使ったパン屋さん

箕澤屋から車で約10分。

西の山側に進んでいくと、ひっそりと建っている雰囲気のある建物が、ハルハナ堂さんのお店です。

中に入ると、定番モノ〜惣菜パン、変わりものと、たくさんの種類のパンが並んでいます。

人気のパンを聞いてみると、「あまみそくるみ」はよく出るね、と。

私もさっそくいただきます。

信州味噌の中に、砂糖がバランスよく混ざっていてちょうどいい食感が好み。ざらっとした感じは、砂糖がそのまま入っているのかな?

半分でやめておこうと思ったのですが、甘味噌の味がおいしくて止まらない。

一度閉じた袋を、再び開けて食べきってしまいました^^;

他にも、「きんぴらぱん」「いちじくクリームチーズ」など、他ではなかなか見ないような種類も。

パンを作り始めて、もう20年ほどのオーナーさん。

元々は穂高にあったお店から2012年に箕輪に移転してきて、もう6年目。

いつからパンを焼いているか私が聞くと、「年数だけは経ってるんだよねー」と笑いながら話すオーナーさん。

ハルハナ堂さんのパンは、国産小麦を使い、ホシノ酵母と小麦粉酵母2種類の天然酵母で発酵させてパン作りを行っているそうです。

パンに使われている野菜や果物、ハーブなどは、できるだけ地元やつながりのあるところの食材を取り入れているそうで、パン作りを通して、人や地域との関係を楽しみ、アイデアを生み出しているんだなーとすごく感じました。

そんな作り手の人柄が、パンにも表れてくるんですね。

話を聞いていると、近くの農家さんのハーブを使って作ったパンや、つながりのあるマーマレードを使ったパンなど、この人の食材を使って作ってるパンとは、食べてみたい!とついつい思ってしまうパンばかりです。

ハルハナ堂さんのロゴも、それが表れています。

小麦やパンの他に、地元の野菜や果物がモチーフで、それらが「堂」に集まっているという意味でつくられたそうです。

店舗販売の他にイベントや近所のスーパーなどでも販売

現在は、店舗での販売の他に、役場などでの出張販売、近くのスーパーでは、ベルシャイン伊北店、ベルシャイン箕輪店、ニシザワ辰野食彩館でも購入できるそうです。

そして、しばらくの間は、箕澤屋の土曜日オープン時にも!
もちろん、8月6日のえんがわ市でも販売していただきますので、ハルハナ堂さんのパン、まだ食べたことがない方はぜひ、既にファンの方もいつも通り、この機会にどうぞ^^

 

ちなみに、お店に入ると目に入るこのステンドグラス、前回紹介したルナパークスタジオかすみさんに製作してもらった作品だそうです。

月が中心にイメージされた作品で、シンプルながらも景色が表現された大作です。


紹介したお店:天然酵母パン ハルハナ堂
長野県箕輪町中箕輪2134-840

Share this:
このカテゴリの他の記事
ビストロなゆた 〜 移築した古民家空間が魅力的な箕輪町のフレンチレストラン
ビストロなゆた 〜 移築した古民家空間が魅力的な箕輪町のフレンチレストラン
小島屋 〜 自然な木の表情を大切にし、すべての工程で、とことんこだわった木製品づくりをする木工職人さん
小島屋 〜 自然な木の表情を大切にし、すべての工程で、とことんこだわった木製品づくりをする木工職人さん
ナチュラルセンス 〜 ハーブの魅力たっぷり。20〜30種類のハーブを育てるハーブ専門農家さん
ナチュラルセンス 〜 ハーブの魅力たっぷり。20〜30種類のハーブを育てるハーブ専門農家さん
Information

2017年のカフェ営業・イベント共に終了いたしました。7月〜の短い期間でしたが、本当にありがとうございました!
来年は、5月頃の再開を目指しています。箕澤屋でまたお会いできるのを楽しみにしております。

Event Space
5月〜10月の間、箕澤屋はレンタルスペースとして貸し出しております。2017年は受付終了いたしました。来年の情報は決まり次第こちらでお知らせします。
→2017年の情報はこちら
About
箕澤屋の管理人Ayaoです。あるきっかけから築150年古民家「箕澤屋」に関わることになりました。生活の半分を箕澤屋拠点にして、箕澤屋のこと、周辺のこと、ときにはそれ以外のことなどを書いています。詳しくはこちら
管理人の個人的なことなどは、Twitter @Ayao3308でもときどきつぶやいています。
Follow me

Instagram