JavaScriptを有効にしてください。

DIY初心者が初挑戦。100均の木箱でつくる、古民家に置くゴミ箱づくり

日々のこと

img_3263

近頃、古民家での空間づくりを進めるにあたり、いろいろ必要なものを集めています。

そして今回、必要になったのがゴミ箱。

作るつもりはなかったのですが、結局、プチDIYをすることになったので、そのとっても簡単なゴミ箱づくりをまとめてみました。

DIY初心者、でも作ってみることにしました

事務所、加工場、トイレ、洗面所と、ゴミを捨てたいシーンって各部屋であって、地味にけっこう必要なんですね、ゴミ箱って。当たり前なんですが。

そこで、ニトリや100均、ホームセンターやネットなど、いろいろ探しました。
でも、なかなか見つからないんですね。

シンプルかつ値段が高すぎず、古民家に合うちょうどよいゴミ箱。

うーん、どうしようかな。
ゴミ箱なんて、ただの箱なんだからなんだっていい気もするけど。

とはいっても、ゴミを入れるからこそ、見た目よく飾りたいなー

あれこれ悩んで、いろんな店でウロウロして悩んだ結果、

ゴミ箱ってただの箱じゃん!それくらいなら作れるはず!

ということで意気込み、自分で作ってみることにしました。
とは言っても、アパート暮らし15年の私は、まったくのDIY初心者。さすがに、ゼロから作るのはちょっとハードルが高いです。

そんなときは、、、

そう、便利な100円ショップです。

近くにセリアがあったので、うまく組み合わせて使えるものはないかなーと多い物色していると、

あったあった、ちょうどよいものが。

これなら3つ重ねれば、いい感じの木製ボックスになるんじゃないかしら?

しかも、少し小さめで、ちょうど探していたサイズ感!

ということで、さっそく3つ購入し、プチDIYに挑戦しました。

 

とっても簡単!100均の木箱でつくるゴミ箱づくり

作業手順は簡単です。
3つの木箱のうち、2つの底を切り取って、3つをくっつけるだけ!

うん、カンタン。
これなら、すぐできそう〜

とはいっても、それなりの準備は必要です。

1. 必要工具を準備

<用意したもの> (左から)
・作業用手袋
・木工用ボンド
・ドライバー
・タッカー
・電動サンダー

すべて、近くのホームセンターで購入。
電動サンダー以外は、はすべて数百円のもの。
手軽に購入できます。

 

2. 金具を外して、2つの木箱の底をカット

必要工具の準備が整ったら、さっそく作業開始

まずは、木箱に壁かけ用の金具が元々ついていたので、ドライバーですべて外し、シンプルなただの箱状態にします

そのシンプルになった木箱2つ分だけ、底をカット

底は、2mm程度のベニア板だったので、カットは大きいカッターで行いました
何度か刀を入れていくと底を突き抜けて板が切れます。

底板を外すと、こんな状態。

木板でベニヤ板を挟んでいる状態だったので、隙間に残ったベニヤ板も外せる部分は外してしまい、ボンドでくっついて外れない部分はそのままに。

こんな風に簡単に外れる部分と、そうでない部分がありました。

これらをきれいに底を外して、筒型の木枠が完成

 

3. 3つのボックスを接着

はい、ここまできたら、あとは3つのボックスを接着するだけです。

一番下に底が残っている木箱を置き、上に2つに底を切り取った木枠をのせて重ねて、

接着面に木工用ボンドをつけて、接着
と思ったら、、、

おー、こんなに隙間が。

それぞれのボックスに少しずつ凹凸があり、密着しないんですね。
ということで、ここでサンダーが登場です。

これこれ、実は前からほしかったんです。電動サンダー
その話は、別の記事で詳しく書きますが、これがあるとほんと楽。今まで手でやって、何時間もかかってた作業が、サクっとできてしまいます

ということで、うまく噛み合わない部分をサンダーで削りました。

うん、これである程度隙間がなくなったので、改めてボンドで接着
少し放置して乾かします

 

4. タッカーで固定

ボンドである程度は接着できているのですが、さらに固定させるためにタッカー登場です。

これ↓

ホチキスの大きいやつみたいのです。
接着したい板同士の上に置いて、バチッと押すと針が出てきて固定してくれます。

ちなみに、このタッカー、カインズホームで398円(税込)
ネットで調べると100円ショップにも売ってるようですが、ここは長く使うことを考え、ホームセンターで購入しました。それでも、お手軽価格

私のような初心者にはこれくらいがちょうどよいです。

一発、ダンボールにためし打ちをしてみてから、すぐに本番

とっても簡単!
一度もミスせずにできました。

一面に対して、4ヶ所。
うまく固定されています。

 

5. 表面を磨いてニスでコーティング

最後に、表面をサンダーで磨きます

表面のキズがついた部分をきれいに磨いて、角がとがった部分も滑らかにします。
元々、薄い茶色に塗られていたのですが、このタイミングで削って自然な木の色にしてしまいました。

仕上げに、表面の見た目をよくするためにニスを2度ほど塗りました

 

ゴミ箱完成!

中はこんな感じ。

シンプルな木製ゴミ箱、初めてにしては、なかなかよくできたんじゃないかな〜!
ていっても、かなり簡単なプチDIYですが。笑
所要時間は、約2時間。
たぶん、慣れている人であれば、本当に一瞬で終わってしまいますね。
ということで、完成したこのゴミ箱、後日箕澤屋に設置します。

箕澤屋にいらっしゃった方は、チラッとでも、あーこれねーと見てやってください。

Share this:
このカテゴリの他の記事
新聞・ラジオなどに箕澤屋のこと、取り上げていただきました
新聞・ラジオなどに箕澤屋のこと、取り上げていただきました
自転車でもOK。箕澤屋にバイクラックが登場!
自転車でもOK。箕澤屋にバイクラックが登場!
静かに春を待つ古民家。冬の箕澤屋はこんな様子です
静かに春を待つ古民家。冬の箕澤屋はこんな様子です
Event Info
Event Space
5月〜10月の間、箕澤屋はレンタルスペースとして貸し出しております。演奏会やパーティー、講演会などにどうぞ。
→詳しくはこちら
About
箕澤屋の管理人。あるきっかけから築150年古民家「箕澤屋」に関わることになりました。生活の半分を箕澤屋拠点にして、箕澤屋のこと、周辺のこと、ときにはそれ以外のことなどを書いています。詳しくはこちら
管理人の個人的なことなどは、Twitter @Ayao3308でもときどきつぶやいています。

Instagram