JavaScriptを有効にしてください。

杏スムージー&杏モヒートのススメ。あんずジャムを使った簡単レシピ

フルーツ
あんずジャムを使った簡単レシピ

フルーツ農家の悩み。

それは、収穫シーズンになると毎日のように採れるフルーツたちの処理。

生で販売できる分については、そのまま箱詰めと発送をすればよいのですが、商品にもならない傷んだフルーツも大量に出るわけです。

そうすると、せっかくできたフルーツ。もったいないので、少しでも活用したい。

そこで、できるだけ傷みが進まないうちに、保存しやすいジャムにするわけです。

そのできあがった大量のジャムをどう消費するか。

今日は、そのフルーツ農家の悩みの中で生まれた簡単なアレンジレシピ、ドリンク2つを紹介します。

我が家ほど多くはなくても、ジャムにしたはいいけど、意外と使いきれない、という方も多いのでは?

そんな方は、ぜひ試してみてください。

あんずジャムを使ったアレンジレシピ

1. あんずスムージー

杏スムージー

まずは、夏の朝食にぴったりなスムージー。

私なんかは、忙しい朝には、これだけで十分。

ミキサーさえあれば、材料を入れてパッとつくれちゃうので、助かってます。

材料
・あんずジャム 大さじ4
・牛乳 1カップ
・ヨーグルト 大さじ2
・バナナ 1本
・氷 適量

作り方は上記をミキサーに入れて混ぜるだけ!
何とも簡単です。

あんずジャムを使うことのメリットは、砂糖を追加しなくてもよいこと。

あんずそのままだと甘みが足りないところを、ジャムの甘みでカバーできるので、砂糖やシロップを加える工程を1つ減らせるのが、めんどくさがりにはいいところ。

もちろん、ここに生あんずが入れば果肉感UP!
冷凍あんずが入ると、フローズン感UPでさらに味わいがリッチになります。

2. あんずモヒート

あんずモヒート

2つ目は、夏の夜に飲みたい爽やかカクテル。

私は普段ビール派なのですが、暑い夏の夜、もうビールはお腹いっぱいってときには、爽やかなカクテルを飲みたくなるときがあるんですね。

そのときにぴったりなのが、このあんずモヒートです。

材料
・ホワイトラム 45ml
・あんずジャム 大さじ4
・フレッシュライム 1/4個
・ミント 約10枚
・氷 適量
・ソーダ 適量

こちらは、3ステップ。

(1) ラム、ジャム、ライム、ミントをグラスに入れ、ミントをつぶしながら混ぜる
(2) コップいっぱいに氷を入れてさらに混ぜる
(3) 最後にソーダを入れて混ぜる

実はこれ、昨年の営業のときにも出していたメニュー。

さっぱりしていながら、あんずの甘酸っぱさと、ミントの爽やかさが混ざっておいしい。かなりおすすめです。


以上、農家の娘がおすすめしたいあんずジャムを使った2つのドリンクレシピでした。ぜひ、おためしください!

Share this:

他の記事

あんずのかき氷。長野県産のあんず果肉たっぷりです。
あんずのかき氷。長野県産のあんず果肉たっぷりです。
あんずの冷凍保存。ネクタリンも冷凍しちゃいます。
あんずの冷凍保存。ネクタリンも冷凍しちゃいます。
生あんずはおいしい!こんなにおいしいのに、なぜあまり出回らないのか。
生あんずはおいしい!こんなにおいしいのに、なぜあまり出回らないのか。
Event Info
Event Space
5月〜10月の間、箕澤屋はレンタルスペースとして貸し出しております。演奏会やパーティー、講演会などにどうぞ。
→詳しくはこちら
About
箕澤屋の管理人Ayanaです。2016年からこの古民家箕澤屋に関わることになりました。この魅力的な家を残すために活動中。イベント企画や運営、ブログ担当。夏だけカフェ店主。フルーツ農園の娘。
ブログでは、箕澤屋を中心に、古民家、伊那谷、フルーツのことなどを書いています。詳しくはこちら
Twitter@AyaosEatsでもときどきつぶやいています。

Instagram