JavaScriptを有効にしてください。

新聞・ラジオなどに箕澤屋のこと、取り上げていただきました

日々のこと

先週は、本格オープンを前にいくつかの新聞、ラジオに取り上げていただきました。

店主、基本的にはあまり前に出たいタイプではないのですが(汗)、せっかく取り上げていただいたので、少しでも知っていただければと思い、ご紹介させていただきます。

<信濃毎日新聞 6/28>

<SBCラジオ 信州伊那谷めぐりあい>
> 6月27日(水) 13:08-13:15
※放送後、一週間以内は聴くことができます

<長野日報 6/26>
>「古民家 箕澤屋」29日本格オープン

取材を受ける中で、改めて始めたきっかけなどを話したのですが、
一番に思っていることは、「この古民家を残すこと」

どうすればこの家が次世代に残っていくかを考えて、長期的な目線で無理はせずに、いろんなチャレンジをしている、というのが現状です。

口下手なもので、うまく話せているか自信はなかったのですが(特にラジオ)、私の言葉を拾ってうまーく編集していただきました。笑

箕澤屋のストーリー、少しでも知っていただき、箕澤屋に足を運んでいただけたら嬉しいです◎

Share this:

他の記事

2019年、本年もよろしくお願いいたします
2019年、本年もよろしくお願いいたします
箕澤屋でなぜクラフトビール?
箕澤屋でなぜクラフトビール?
静かに春を待つ古民家。冬の箕澤屋はこんな様子です
静かに春を待つ古民家。冬の箕澤屋はこんな様子です
Event Info
Event Space
5月〜10月の間、箕澤屋はレンタルスペースとして貸し出しております。演奏会やパーティー、講演会などにどうぞ。
→詳しくはこちら
About
箕澤屋の管理人Ayanaです。2016年からこの古民家箕澤屋に関わることになりました。この魅力的な家を残すために活動中。イベント企画や運営、ブログ担当。夏だけカフェ店主。フルーツ農園の娘。
ブログでは、箕澤屋を中心に、古民家、伊那谷、フルーツのことなどを書いています。詳しくはこちら
Twitter@AyaosEatsでもときどきつぶやいています。

Instagram